俺たちでNARUTO用語辞典を作ろうぜ 27

1 :マロン名無しさん:2018/06/13(水) 15:17:58.94 ID:IENaDF+m.net
NARUTO関連の用語をネタっぽく解説するスレです。
「冗談でもNARUTOを茶化されるのは許せねえ!」という人はお引き取りください。

基本的にどんな用語を投下するのも自由ですが、以下の条件に該当するネタは
まとめサイトに記載されない可能性があります。
・NARUTOと関係のない項目→NARUTO用語辞典ですから。
・公式設定をそのまま書き連ねたもの→公式ページで事足ります。
・書き手の妄想が露骨なもの→熱狂的なファンに多いようです。程度の問題ですが……。
・特定の個人を誹謗するもの→良識の問題です。
・露骨に性的な内容→一応、全年齢対応板ですので……。
※週漫板でスレストの為、漫画サロン板に移動しました。
とりあえずネタバレ自重の方向で。

前スレ
俺たちでNARUTO用語辞典を作ろうぜ 26
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/csaloon/1510115559/

2 :マロン名無しさん:2018/06/13(水) 15:20:06.91 ID:???

前スレが922で落ちてしまったようなので立ててみました。
二代目まとめ氏はもういらっしゃらないのかな?
まあとりあえず、ネタを投下していこうや。

3 :マロン名無しさん:2018/06/13(水) 15:31:41.78 ID:???

【イナリとタズナのオッチャン!!】
ペイン襲撃でほぼ全壊した木ノ葉隠れの里を再建しに波の国から来た、イナリとタズナの二人に声をかけられたときの
ナルトの応答。言葉自体はまったくおかしくないが、隣で「もしかして…」と言っていたサクラもナルトも、この言葉とともに
座っていた材木から立ち上がるや否や、臨戦態勢を取っている。顔見知りだとわからないうちは警戒せず、顔見知りだと
わかったとたんに構えをとる、木ノ葉忍の超奇妙な行動であった。

4 :マロン名無しさん:2018/06/13(水) 15:55:43.51 ID:???

【火遁・豪火球の術】
7話で初登場、うちはサスケが初めて作中で使用した忍術。注目すべきはオフィシャルファンブック兵の書では「巳→未→申→亥→午→寅」
となっている印の結び方が、バババババと結んでいるときには「亥」、そして最後の「馬(午)」と「虎(寅)」くらいしか正しい印を確認できないこと。
ダブルピースを突き出してみたり、バンザイしてみたり……サスケなりのブラフなのだろうか? メタ的に言えばまだ印の設定が定まって
いなかったのだろうと思われ、そのため、サスケは妙にダバダバした動きをするはめになったのだろう。連載初期にはよくあること。

5 :マロン名無しさん:2018/06/13(水) 16:34:55.80 ID:???

>>1

6 :マロン名無しさん:2018/06/13(水) 20:33:23.33 ID:???

>>1おつ
保守を兼ねてネタをぽいっと

【忍者は…裏の裏を読め…!】
似たような言葉が前作にもあったが、BORUTOでもVS青戦の締めにボルトが決め台詞として使用。
まるで裏の裏を読まなかったことが青の敗因とでも言いたげだが、いえ、彼の敗因は
捕らえた本体(と思い込んだ)にさっさととどめを刺そうとせず長広舌を垂れる紳士精神です。
→同義語【忍なら裏の裏を読め】

7 :マロン名無しさん:2018/06/13(水) 22:17:59.81 ID:???

>>6
5巻落ち着いて読んだら、アカデミーでの組み手でナルトが既に言ってたのな
伏線重要セリフとはいえ、
月刊連載だから、ロングパスすぎたよ……とちょっぴり思った

8 :マロン名無しさん:2018/06/14(木) 07:28:35.82 ID:???

もう5巻分も連載していることに驚いたw
BORUTOは・・・・なんだろう・・・・なんか薄い・・・・
モモシキ倒して小物だけどショジョジ倒して青倒して
戦績を見れば立派なんだけど・・・・

9 :マロン名無しさん:2018/06/14(木) 09:10:46.56 ID:???

カウント推測すると今時点の最新話分は7巻に載る話だったりする
それにナルトの息子だけどボルトは外見以外全然似てないからなあ

モモシキの最期セリフは個人的には味わい深い
心せよとか歩むが良い人の子よとか
セリフだけだと自分に勝った相手にデレてるみたいだよな

10 :マロン名無しさん:2018/06/14(木) 10:09:15.42 ID:???

7巻分かよ!?
やっぱり薄いな・・・・前作なら脇役のキャラも掘り下げてる時期だぞ
比べてこっちはサラダやミツキさえキャラが立ってるとは言いがたい・・・・

11 :マロン名無しさん:2018/06/14(木) 11:22:23.11 ID:???

紳士精神といえば宇宙人の大筒木さんちとて
時折紳士精神みを感じてしまい

ナルトは殺さないがボルトは宇宙人殺した、状況がそうさせた、のを微妙になんだなかなあと
思っている部分はあったが敢えてそこを突き詰めるのも話作りの醍醐味かもしれないし
親がしなかった、やらなかったことをやる、が裏テーマの一つなんだろうなと感じる部分はある

12 :マロン名無しさん:2018/06/14(木) 13:43:11.80 ID:???

モモシキさんは裏テーマの犠牲になったのか…

13 :マロン名無しさん:2018/06/14(木) 17:48:32.42 ID:???

>>1立て乙

>>7
それな
月イチ連載のペース意識できてんのかなって思う

14 :マロン名無しさん:2018/06/14(木) 20:13:36.12 ID:???

キャラ立ちといえば
ミツキのどうでもいい、どうだっていいはポジティブ方向意識で言ってる
切り捨てたくて言ってたオビトと真逆
そこはおもしろいと思ってる

19 :マロン名無しさん:2018/06/15(金) 22:38:10.05 ID:???

【八尾】
人柱力の相方の欠点(下手なラップにこだわったしゃべり・ボケ体質)を補うたいした解説・ツッコミ役。
本名・牛鬼なのだが人柱力のビーにせよナルトにせよ八っつぁん呼びであり、
ナルトに名乗る機会も、本名呼ばれる機会もなかった。
たぶん呼び名の元ネタはドラゴンボールの人造人間8号であろう。
タコ足は尾なのかどうかは深く考えてはいけない。信じる力が大事なんだ。

16 :マロン名無しさん:2018/06/14(木) 21:14:16.93 ID:???

夜に大雨降ったらオビトさんどうするつもりだったんだろうね。
特に二日目の夕方はざあざあ雨降ったりして焦ってたよねえ。

17 :マロン名無しさん:2018/06/15(金) 09:38:17.13 ID:???

もしかして忍連合軍は頑張って忍術で雨雲を作り続けた方が
無限月読を阻止できたのかもしれない
そんなふうに思った時期が、わたしにはありました

18 :マロン名無しさん:2018/06/15(金) 09:49:12.70 ID:???

たぶん、NARUTO世界は季節が地域によって固定されてるんだよ
ドラクエとかのゲームみたいに
鉄の国はずっと冬、そのほかの地域はマント着てても長袖長ズボンジャージ
着ててもパーカー着こんでてもノースリーブに短パン着てても問題ない季節なんだ

15 :マロン名無しさん:2018/06/14(木) 21:11:06.52 ID:???

【第四次忍界大戦】
雪のふりしきる鉄の国でうちはマダラ(自称)が宣戦布告。
交戦開始日は10月8日、終戦日は10月11日。途中の10月10日はうずまきナルト君十七歳のお誕生日。
数年間戦ってたような気がするが戦っていたのはほぼ丸二日くらいなので、たぶん気のせいです。
宣戦布告してから妙に間があるような気がするが、
「お月様使って大幻術したい」という目的のためわざわざ中秋の季節を狙ったのかもしれない。

20 :マロン名無しさん:2018/06/15(金) 23:18:35.53 ID:???

【ヤマト】
幼い頃に初代火影の細胞を移植された実験体らしいのだが、
初代火影のクローンと説明されることもある、不思議な忍者。
大戦前にカブト達に拉致監禁され、知り得る情報を吐かされた挙げ句、
おそらく幻術をかけられた上、全身に触手をまとって
忍連合軍を木遁攻撃で襲撃・足止めすることを強いられた悲劇の忍者。
触手というかグルグルからは無事解放はされたが、
最終回に姿がなく里に居場所がなくなってしまったのかと嘆く声もあった模様。
後付けで、大蛇丸のアジトを監視する任務だからいなかったと判明したが、彼のこれまでの涙ぐましい境遇的に
その職務はどうなのか賛否両論である。でも大戦時の恨みで、里に居づらいのかもしれないしね。

21 :マロン名無しさん:2018/06/16(土) 01:02:51.60 ID:???

クローンと生体移植受けた人とでは全然違う気がするんだけど
陣の書もページによって違うことが書かれていて、どういうことだってばよ

22 :マロン名無しさん:2018/06/16(土) 23:23:30.84 ID:???

【さあな…とりあえず盛り上がっていこうぜ…】
死の森でのサバイバル、ロック・リーとの試合、マイト・ガイとの対峙やうちはサスケの孤独と憎悪に対する共鳴などを経て精神的な均衡を
崩していた我愛羅が、サスケとの試合中に暴走を始めてしまったが、薬師カブトによって木ノ葉崩しの狼煙は上げられてしまった。砂隠れの
上忍・バキはやむを得ずテマリとカンクロウに我愛羅を連れて里まで撤退するよう命じ、自らは作戦の要を欠いたままで参戦する。
その際に、木ノ葉の特別上忍・不知火ゲンマの発した「このパーティーの主催者は、大蛇丸か…?」という妙にスタイリッシュな問いを受けて、
バキが返した台詞がこれ。ゲンマの「パーティー」という言葉にかけての「盛り上がっていこうぜ」なのだろうが、本人は盛り上がるどころか冷や汗
ダラダラで明らかにやけくそなのが見て取れる。

その後の戦闘模様などは描写されないため実際バキが「盛り上がっていこうぜ」という言葉にふさわしい活躍をしたかは不明、一部時点では
生死も不明だったが、そこは木ノ葉崩しの砂側における要である我愛羅を任されただけはある実力者、生き延びてはいて二部にも登場した。

23 :マロン名無しさん:2018/06/17(日) 02:04:18.27 ID:???

じつは中田譲治ボイスなバキさん、
二部後半では出てなかったような気がするが、きっとお留守番だったんだろうなあ

24 :暫定二代目 :2018/06/17(日) 20:48:02.12 ID:???

スレ立て乙です。
更新作業にかまけている間に前スレが落ちていた……だと……?

3-5月期の更新完了しました。
今回は前スレ916まで。

前スレ922までのログは確保できていますのでご心配なく。

25 :マロン名無しさん:2018/06/17(日) 20:54:17.75 ID:???

26 :マロン名無しさん:2018/06/17(日) 21:49:08.25 ID:???

二代目さん乙です。来てくれてよかったー

27 :マロン名無しさん:2018/06/18(月) 08:31:16.62 ID:???

更新乙

【「ナロ!」「コンニャロ――!」】
676話、影のマダラと交戦するナルトの影分身が発する罵声。
あまり言うまでもないが「コンニャロー」は「この野郎」の変化形であり、
そして「ナロ」も原形を留めていないが「この野郎」の短縮変化形。
つまり「この野郎!」「この野郎!」である。

これは同じ術者から生まれた影分身が同じ状況に置かれたら
似たような言葉を発するのは当然だよね、という岸本先生の卓越した人物描写であって、
決して語彙が乏しいわけではない。語彙が乏しいわけではないのだ。

28 :マロン名無しさん:2018/06/18(月) 21:54:20.55 ID:???

ナルトくんはあんまり語彙力ない(みんな知ってた)のがよくわかる描写なんだ、たぶん

烏合の衆知らなくてあのマダラさんにやはり無能かって言われちゃうしな

29 :マロン名無しさん:2018/06/18(月) 23:56:25.07 ID:???

語彙力がないのはナルトじゃなくてきしm……ゲッフンゲッフン!

烏合の衆は知らないがボタンフックエントリーは通じるナルトの偏った語彙ェ……

30 :マロン名無しさん:2018/06/19(火) 04:15:06.29 ID:???

【眼】
NARUTO世界では眼(眼球)を眼窩につなぎとめる眼筋や視神経などの存在がまったく無視されており、ほとんど穴に入ったピンポン玉のように
扱われていて、死に際に友人へ託すよきに器具なども用いずに素手で取り出して渡したり、対象とすれ違いざまにやはり素手でくりぬいたりできる。
現実世界でこのようなことをしようとしても、前述した眼筋や視神経に邪魔されて取り出しは困難を極め、下手をすると眼球をつぶしてしまったり、
最悪指が眼窩を突き破って脳を損傷するという可能性さえある。よい子はまねをしないように。

また、NARUTO世界には、眼球を機能する状態に保ちつつ、年単位で保存できる謎の液体や、持ち運びや隠匿を簡便に行える眼球保存用パウチなどが
存在する。仮面の男はこれを駆使して写輪眼を大量に所有し、輪廻眼を隠匿していた。液体の成分、パウチの構造などは不明である。

眼球移植は非常に簡単で、施術者が医療忍者である必要すらない。が、医療忍者であったほうが、移植後に暗所で安静にする必要がなく、
すぐに使用できる状態になるため、できれば医療忍者に施術してもらうのがよいだろう。
成人から小児への眼球移植は、理論上は対象の小児が五歳以上であれば、すでに眼球は成人並みの大きさに発達していると考えられ、
成人間での移植となんら変わることなく行うことができると思われる。写輪眼で幻術に落とせば気づかれることなく施術も可能……たぶん。
第四次忍界大戦中、うちはマダラは「受け取って、あるいはくりぬいて眼窩にはめ込む」といういささか乱暴なやり方で輪廻眼や万華鏡写輪眼を
自分に移植していたが、これは柱間細胞の回復能力に頼ったものであり、いくらNARUTO世界でも、柱間細胞なしではこのようなやり方で
眼は機能しえない。柱間細胞はすべてを可能にする。

31 :マロン名無しさん:2018/06/19(火) 04:18:26.72 ID:???

【イタチの遺体】
仮面の男がうちはイタチの万華鏡写輪眼を所有していたことから、回収はきちんと行われたようだが、その後の行方は不明。弟のサスケも
気にしないし訊かない。自来也、うちはシスイなどに対してもそうだが、忍びの遺体に対する思い入れはなぜか、死者の多かった
木ノ葉隠れの里創立以前よりも薄くなっている。

カブチ丸が仮面の男と手を組む以前にイタチを穢土転生させていて、仮面の男がそれに対し疑問を抱かないところからすると、眼を抜いたら
もう用はなしとそのへんにうっちゃっといたのかもしれない。
そうでなくば、イタチの生前に、カブトかあるいは大蛇丸が、穢土転生が可能なだけの量の個人情報物質をイタチから奪っていなければならないが、
穢土転生に必要な個人情報物質の量は髪の毛を一本、血を一滴レベルではないのであまり現実的ではないだろう。

【穢土転生】
穢土転生体は、生贄の肉体を核にして塵芥が死者の姿を形づくっており、斬ったり爆破したりしてもやがて塵芥がまた寄り集まって再生する。
頭をつぶされても真っ二つにされても、忍術を無に帰す陰陽遁による攻撃でさえなければ問題なく無限に再生し、機能する。
そして穢土転生が解除されると、塵芥のなかから五体満足で無傷の生贄の遺体が転がり出てくる……。
塵芥の中で生贄の遺体はいったいどうなっているのだろうか。
千手扉間(穢土転生体)は、自分の胸に手を突っ込んで互乗起爆札を取り出しているが、そこにあるのは白ゼツの遺体のはず……?
あまり深く考えないほうがいいかもしれない。

32 :マロン名無しさん:2018/06/19(火) 08:55:53.30 ID:???

スピンオフ小説だけど迅雷伝でトビがサスケに聞かれて
イタチの遺体はオレとゼツで丁重に弔ったって言ってるからそういうことにしとこう
んな説明だとゼツ食ったんじゃなかろうなと心配になるけど穢土転生したから
どこか知らんけど土葬したんだろうたぶん

個人的にはダンゾウ様のご遺体の行方が気になる

33 :マロン名無しさん:2018/06/19(火) 09:11:58.06 ID:???

>>30
>移植後に暗所で安静にする必要がなく

「イタチの眼がなじむまでじっとしててね!」はサスケを出すタイミング調整臭くて笑ったな

35 :マロン名無しさん:2018/06/19(火) 12:52:40.89 ID:???

オビトの計画においてはサスケが果たすべき役割がないんだよな
結局しびれを切らしたサスケが自分で出番をもぎ取っていったけど

38 :マロン名無しさん:2018/06/19(火) 14:20:54.36 ID:???

>>31
腹の中から爆破されたサイの兄の依代が塵芥から上半身をのぞかせてるシーンには困惑した

40 :マロン名無しさん:2018/06/19(火) 17:22:46.78 ID:???

そもそも輪廻天生に必要なのは何なのかっていう

43 :マロン名無しさん:2018/06/20(水) 11:04:26.01 ID:???

黒ゼツで保険かけてるからマダラからして見れば博打って程でも無かったのかもしれない
一回目は失敗したけど二回目は色々と特典付きで復活出来たからな三十分位で黒ゼツに刺されてジエンドするんだけどさ

47 :マロン名無しさん:2018/06/21(木) 10:49:15.72 ID:???

【青】あお
忍界大戦で忍連合本部もろとも尾獣玉を食らって死亡…と思われたがどっこい、漫画版BORUTOにて生存が判明したタフなおじいちゃん。なお青以外の本部にいたメンバーは全員死亡が確定。

かつての「血霧の里」がすっかり平和になっちゃった事に馴染めず霧隠れの里を抜け出し、各地を放浪してたらなんか怪しい組織に入っちゃったおじいちゃん。
先行き怪しいなあと思ってたらあっさり死んだ。合掌。

50 :マロン名無しさん:2018/06/21(木) 11:58:12.30 ID:???

>>48
一度帰ってから抜けるより、一度も里に帰ってない方が凄いな
水影の二人より木ノ葉のカタスケの方がよっぽど彼と接点大きい存在になってたってことだ

53 :マロン名無しさん:2018/06/21(木) 22:07:23.75 ID:???

ダンゾウ・大蛇丸・オビト&マダラに元凶のある事件が多すぎて
アニオリ含めてだいたいこいつらのせい三人組みたくまとめてみたいんだけど
ちょっといいまとめ文章が思いつかなくて個人的保留になってる。

59 :マロン名無しさん:2018/06/23(土) 21:27:52.08 ID:???

>>54
リンとカカシの件で霧隠れ許すまじと水影様に幻術をかけることもないので
つまり四代目水影は引退しないので
照美メイさんが水影になることもなく、結婚できる、たぶん

68 :マロン名無しさん:2018/06/29(金) 12:50:33.81 ID:???

あと騎士本先生子どもシンちゃんのクローン作りすぎだよな。
大人シンにバレずあんだけ作るってあの子らもすごいよ

97 :マロン名無しさん:2018/07/16(月) 15:48:09.26 ID:???

サスケ帰ってこないってことはイタチ殺すために旅してるんだから
イタチ見つけたらサスケも見つかる

イタチ見つけてもサスケに会えないかもしれないし、
そもそも超賞金首イタチがあっさり見つかるんなら苦労はないよね
とは思った。まあ何も行動もしないのも何なので動くことは悪いことでは無い
手かがりなさすぎだけど

102 :マロン名無しさん:2018/07/20(金) 12:36:32.38 ID:???

【早蕨の舞】
かぐや君麻呂の技のひとつ。地面から鋭い骨を突き出させ、それで攻撃をする……どうやっているのか不明。
ほかの技も無茶苦茶ではあるが、これはさすがに群を抜いている。披露したのが死に際だったので、範囲がアホほど広かったのは
火事場の馬鹿力的なものだったのかもしれないが、地面から突き出した骨からぬるりと君麻呂が現れたりと破骨細胞とか骨芽細胞とか
血中カルシウム濃度とかいう説明がアホらしくなる。素直にNINJUTUということでよかったのではなかろうか。

【鉄線花の舞・蔓/花】
かぐや君麻呂の技のひとつ……というかふたつ。蔓は背骨を引っこ抜いて、それを鞭のように用いて攻撃・拘束する。
花は下腕の骨をドリルのように変化させて刺突を仕掛ける。特に共通点のない技だが、同時に仕掛けるためか、
鉄線花でくくられている。

しかし、蔓で背骨を引っこ抜いているが、背骨の中に通っている脊髄はいったいどうなっているのだろうか。神経の話なので
カルシウムでは説明がつかない。脊椎のあいだにある軟骨が伸縮自在になっているのも謎。そしてドリルが花と名付けられた
理由がよくわからない。あのドリルを刺して腕を抜いたときにドリルのおしりの部分がお花に見える〜とかそういうことなんだろうか。

【かぐや一族】
薬師カブトいわく「霧隠れという大国に一族だけで戦いを挑み、絶滅した愚かしい者たち」、大蛇丸いわく「能無しの戦い好きな
戦闘一族」、「唯一戦場が彼らの安らげる場所だったようだからね」。物語開始時点ですでにかぐや君麻呂を残して一族は
絶えてしまっている。アニオリでそのヒャッハーぶりが補完されたが、それよりも弥生人みたいな髪型のほうが気になった。

かぐやという名称、屍骨脈と共殺の灰骨の「骨」という共通項から、大筒木カグヤとの関連があるのではないかと思われるが、
特に作中で言及されることがなかったため謎のままに終わった。似たような一族に羽衣一族があるが、こちらとの関連も不明。

168 :マロン名無しさん:2018/08/11(土) 01:08:10.84 ID:???

【監修】
BORUTOにおける岸本斉史先生のクレジット。
つまり漫画やアニメのBORUTOが世に出でてくる前には
騎士本先生が設定間違いの指摘など多種多様様々な厳しい最終チェックをなさってらっしゃるのである。

しかし恐らくはBORUTOアンチ最大の派閥である
NARUTO信者…あるいは騎士本教信徒は
「本当にキッシーが監修しているならもっと面白くて矛盾しない」とか
「先生は親しい人を人質に取られて幽閉生活を強いられ泣く泣く名前を貸してるはず」
とかでこのクレジットを信じてない。

当然、NARUTOアンチや一般読者もほとんど信じていない。
「騎士本先生はおやすみ中・バカンス中であり、監修などしていない」
とあらゆる読者・視聴者が広く信じている…。

だがそれでもこの文を書いてるワシは、騎士元先生が本当に監修なさってると信じとる!
偶にこの用語辞典に追加されるBORUTOネタは
騎士元先生がちゃんと監修なさってるがゆえに追加されたのだと!

251 :マロン名無しさん:2018/09/08(土) 23:26:06.64 ID:???

まああのあたりツッコむと
三尾の人柱力やぐらの死体はどこから出したんだよ謎が浮上する
三尾は尾獣そのものを連行したんだからアジトに死体ないよねって

382 :マロン名無しさん:2018/11/19(月) 23:33:09.48 ID:???

【アニメNARUTO疾風伝 力-Chikara-】
シーズン12でついに第四次忍界大戦が勃発し、シーズン13ではオリジナルの霧の忍刀七人衆エピソードなどを挟みつつ、ナルトは
戦場へ行くのか!? と緊迫した中、突然放映500回記念と称して始まった完全オリジナルのシーズン14、それが力-Chikara-。
全六話で全話を通して作画が最高にいいが、舞台設定がどこかNARUTOっぽくなく、視聴者を混乱に陥れた。

内容は火の国の国境近くの神聖域? にあるトニカ村というのが壊滅したから犯人を突き止めて落とし前つけさせろやという任務で
ナルトたちが駆け付けると、髪をゆるふわ愛されパーマにして大幅にイメチェンしたまだ人間よりのカブチ丸……カブト丸? が現れて
「クローン蛇」とかいう謎の生物を使用し飛段を疑似穢土転生状態にして、デイダラのほか月光ハヤテとか「居たねえ〜」みたいなキャラを
穢土転生するキャラサービスを披露した。

ゲストキャラのトニカ村の生き残りたちは名前の頭文字がドレミファソラシ、子ども勇気ある少年・デブ臆病少年・しっかり者少女・がり勉
少年に神通力持ちの幼女というどこでも見るようなテンプレな顔ぶれ、大人は幼馴染のハゲデブ男に「お兄ちゃん」と呼びながら迫る美女という
困惑せざるを得ない。

最終的には昔穢土転生を大蛇丸といっしょに研究していたという男が黒幕でなんたらかんたらあってナルトの九尾パワーで解決するのだが、
この黒幕の男、”暁”のペインにやられて力を失い、それをとりもどすためにトニカ村にあった古代兵器「さえずり」を求めて近隣の町の
町長にまで上り詰めた……という妙な努力家であった。しかし、NARUTOにおいて努力家は決して生まれ持った力には勝てない。
よって町長はナルトパワーで吹き飛ばされた挙句、カブト丸が「昔から嫌いだった」ということで「さえずり」を守って殺され、穢土転生された
翁によって屠らせている。ここで「生前の心残りを果たした穢土転生体が崩壊する」場面があるが、それ以前に「死にかけを生贄にしたから
なんか調子悪いねこの爺さん」みたいな説明があったのでセーフ!!!!

ちなみに、カブト丸は最後の最後あたりで急に苦しみだし脱皮して、「おめでとう! カブト丸は カブチ丸に進化した!」となり、ゆるふわ
愛されパーマは黒歴史として抹消された。

410 :マロン名無しさん:2018/12/12(水) 22:55:30.80 ID:???

【だらしない先生ですまない…】
ひとりでサスケを殺しに行ったサクラに対し、第七班がバラバラになってしまったのは自分が先生として不甲斐なかったからだとして
カカシがした謝罪。普通に謝罪だけでいいところに、「だらしない先生で」とつけるところが岸本節。

第一部でサクラに対し、「また元に戻れる」と無責任なことを言ったことも含めているが、この点についてはそれを言った直後にサスケが
里抜け(+サクラはそれを予期してサスケを待ち伏せていた=カカシの言葉を信じていなかった)という事態になっていること、カカシが謝罪
しているそれらとは別に、写輪眼を使うたびにぶっ倒れて入院していることや入院しないことが珍しい扱いであること、カカシの戦歴醜態その他
もろもろ、そしてサクラがこの謝罪に「…そんな事…」とあいまいな言葉を返すのみで明確に否定しないことなどから、「確かにだらしねえな」と
感じてしまった一部の読者によってカカシの別称に「だらしない先生」、略して「だら先」というものが加わってしまった。

さらに、カグヤ戦において亡き親友オビトから一時的にどうにかこうにかして借り受けた両目万華鏡写輪眼で須佐能乎を召喚し神威を
手裏剣にして飛ばすなどというチート技を披露するさまには、動画サイトなどでこの台詞をもじって「最強の先生ですまない」とコメントが
ついたりする。

【皆の書】
オフィシャルプレミアムファンブック秘伝・皆の書のこと。特筆すべきはギャグマンガ日和の作者・増田こうすけ氏がカンクロウ好きであると
いう事実が明かされたことであろう。そのほかの情報は塵に等しい。

【忍界大戦】
秘伝・皆の書で四ページほどでサラッとあきらかにされたことによると、

・忍び五大国ができて約60年ほどのあいだに三度勃発している(隠れ里が設立される前の時代は「戦国時代」と括られる)
・第一次忍界大戦は隠れ里ができてすぐ起こったから情報がなくてよくわかんないけどたぶんなんかすごかったはず
・第二次忍界大戦は第一次で忍び五大国が休戦条約を結んでから約20年後、国家間の経済格差拡大、武断派の台頭から勃発
・第三次忍界大戦は第二次で国々が痛手を受けてから小競り合いが続き、それが長引くうちに勃発

らしい。結局なにひとつはっきりとわからないということが理解できるだろう。

502 :498:2018/12/29(土) 10:19:13.64 ID:???

>>501
テレビCMや映画の冒頭で雷影を翻弄していた偽ナルトの正体は
ぜひ自分の目で確かめて欲しい
(悪い意味で)驚愕の真実があなたを待っている

ちなみに雷影が片腕ではなく両腕なのは伏線でも何でもない
映画見る前は「実は影武者」かと思っていたがそんな事はなかったぜ!

600 :マロン名無しさん:2019/02/09(土) 00:31:20.17 ID:???

【木ノ葉秘伝】
ひなたしょう著のNARUTO小説。第四次忍界大戦後、ナルトとヒナタの結婚祝いを用意しようとする関係者たちのドタバタした小話が
連なり、メインはキバ・赤丸・シノによる第八班最後の任務の話となっている。

これを原作としてアニメ化した祝言日和が、イルカがナルトを叱りつけたりヒナタに土下座したり、現当主でも次期当主でもない
ヒナタが分家を顎でつかうような言動をしたりといったヤバい展開を見せるため、この小説自体を嫌厭してしまうむきもあるかも
知れないが、そのへんはアニオリであって、小説ではイルカはナルトに結婚式で父親役をやってほしいと依頼されて陰で号泣したり、
かつての同僚・ミズキについて思いをはせたりといったことしかしておらず、ヒナタは最後の最後で登場して「ネジ兄さん、
私結婚します」と浄土のネジに語り掛けるくらいの登場。そのまんまアニメ化すればよかったのにと思わざるを得ない。

個人的にはテマリこんなキャラじゃねえだろ感はあるが、ほかのキャラはそこそこ再現性が高く、程よくギャグ程よくシリアスと
いった具合なので、興味があるなら読んでみるのも一興。

【あれほどの加具土命を見た覚えがない】
エドテン扉間の灼遁・光輪疾風漆黒矢零式を見た感想にしてサスケage。しかし、そもそも万華鏡写輪眼を開眼したうちは一族が
数人しかいないという設定のうえ、イタチだけが使用でき、サスケに受け継がれた天照を、サスケがアレンジしたのが加具土命
なので、そもそも扉間はあれほどどころか加具土命自体を「見た覚えがない」はずでは? という疑問がわく。
実は天照は須佐能乎と同じく万華鏡写輪眼に標準装備の機能なのだろうか。

826件をまとめました。
最新情報はこちら


ゲーゲー速報
やったぜ!速報
まじまじ速報